地域産品づくり 百十四銀が支援
第1弾まんのう町のひまわり油 販促などコンサル

2018/4/17付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

百十四銀行は自治体の地域産品づくりの総合支援に乗り出した。まず、香川県まんのう町が町内の休耕田を活用して取り組むひまわりオイルの商品化と販路開拓などを後押しする。新たな特産品の製造・販売を促して地域に波及効果をもたらし、関連業務の受託や資金需要の掘り起こしにつなげるモデルを目指す。

同行は町と有償のアドバイザー契約を結んだ。食用油「まんのうひまわりオイル」のブランド化を柱に地域振興策を支援する。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]