/

この記事は会員限定です

ザビエルの夢を紡ぐ 郭南燕著

異文化をつなぐ「日本語文学」

[有料会員限定]

「日本語文学」という表現を頻繁に目にするようになった。「日本語」に重点があるから、書き手が日本人でなくても日本にいなくても構わない。日本語を母語としない作家がしばしば日本の文学賞を受けるようになった状況をよく映している。

しかし、著者によると「日本語文学」はにわかに始まったものではない。明治以降、辞書から随筆、紀行、戯曲までを日本語で著したキリスト教宣教師の遺産がある。欧米出身の宣教師が日本語で書...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン