がん拠点病院指定要件見直し 均質な治療、道半ば
免疫療法には制限/実績に応じ格下げ

2018/4/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

厚生労働省は全国に400以上あるがん治療の拠点病院の指定要件を改める。大部分が指定の更新期を迎える2019年度から実施する。免疫治療などの自由診療を事実上、制限するほか、拠点間の格差を踏まえた新分類も導入する。いつでもどこでも安心して、一定水準のがん治療を受けられるようにするのが拠点病院の目標だが、達成は容易ではない。

40代の男性会社員は区の健康診断で実施した検便で潜血反応が見つかり、「要精密…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]