シリアであすから調査 化学兵器禁止機関、使用疑惑で

2018/4/13付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【イスタンブール=佐野彰洋】ロイター通信によると、化学兵器禁止機関(OPCW、本部オランダ・ハーグ)は12日、シリアのアサド政権によるダマスカス近郊での化学兵器使用疑惑について、14日から現地調査を開始すると明らかにした。(1面参照

トランプ米政権はアサド政権に対するミサイル攻撃に踏み切る構えを示すが、アサド政権やロシアは化学兵器の使用を否定しOPCWの調査を求めていた。

12日、ロシアのプー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]