/

この記事は会員限定です

揺れる監査法人 リスクとのはざま(下)「市場の番人」信頼どう回復

会計士試験の改革必要 青山学院大学 八田進二名誉教授

[有料会員限定]

企業の不正会計や人手不足に揺れる監査法人。市場の番人としての信頼を回復できるのか。監査問題に詳しい青山学院大学の八田進二名誉教授と新規受注を一時停止しているあずさ監査法人の酒井弘行理事長に聞いた。

――東芝の不正会計の発覚から3年。監査への信頼は回復しましたか。

「道半ばだ。東芝問題によって当事者の説明責任を問う声がある中でも会計士や監査法人の質が劣化していくのではないかと危惧する。2006年に会計士...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り560文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン