2018年12月19日(水)

米制裁 ロシア直撃
「シリア・サイバー工作資金」標的 ルーブル・国債・株、急落

2018/4/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【モスクワ=古川英治】米国が新たに発動した対ロシア制裁が同国市場を直撃している。プーチン大統領に近い富豪らが制裁対象となったことで通貨ルーブルや国債の相場が急落した。米当局はロシアのシリア内戦への軍事介入とウクライナ侵攻、欧米へのサイバー攻撃や工作活動に不正に蓄財された資金が利用されていると判断、「汚いカネ」を標的にしている。

ルーブルの対ドル相場は米国が制裁を発表した6日から急落し、11日は一…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報