/

この記事は会員限定です

解剖・日銀ETF購入(中)長期投資家は蚊帳の外

企業統治改革に逆行

[有料会員限定]

世界に類を見ない日銀による上場投資信託(ETF)の買い入れが、東京株式市場の特異性を際立たせている。相場の下げ局面で決まって救世主・日銀が登場するからだ。投資家には日銀が何とかしてくれるという甘えが生まれ、実力以上に買われる銘柄も増えた。ETF購入が市場に及ぼす副作用は日に日に膨らむ。

「ま、今日も日銀が買ってくれるだろう」。午前の取引で株式相場が下げ先行で始まると、市場には奇妙な雰囲気が広がる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1024文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン