/

この記事は会員限定です

アイロン

炭から電気 1000年の歴史

[有料会員限定]

アイロン掛けは嫌いな家事の上位にはいる。アイロン不要の繊維も増えたが、大容量洗濯機に家族分の衣類を入れて洗うと、やはりシワが気になる。細部まできちんと仕上げるには時間と技術が必要になる。

近ごろ、時速300キロメートルの高速風を衣類に吹きつけて乾燥させ、シワ伸ばしの手間を省く方法を目にしたが元来、布のシワは熱と水分、圧力で伸ばしてきた。繊維は細長い分子が絡み合ってできている。緩やかに縮んでいる分子...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン