企業、ESG対策手探り
2500兆円投資の受け皿、選定基準ばらつき

2018/4/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

株式市場を席巻する新たな潮流に企業が戸惑っている。欧米で広がる「ESG投資」は環境や社会への配慮、企業統治が優れた企業を選んで投資する手法だ。投資残高は世界でざっと2500兆円。投資対象となるには指数算出会社などのお墨付きを得なければならないが、その選定基準にばらつきがあるという。どの分野を改善すればいいのか、企業は手探りで対策を練っている。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]