/

この記事は会員限定です

厚労省、後発薬普及へ重点10地域

東京・徳島など今夏にも指定 医療費抑制テコ入れ

[有料会員限定]

厚生労働省は価格が割安な後発医薬品の利用を促すため、特に普及率が低い都道府県を指定して改善を促す。夏ごろまでに東京など10の自治体を指定する見通しだ。指定された自治体には医療機関への働きかけや、製品の啓発などを求める。地域を選んで重点的にテコ入れすることで、医療費削減の切り札の一つである後発薬のさらなる普及をめざす。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り628文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン