/

三菱電・杉山社長「掛け算経営を加速」

営業利益率8%へ

[有料会員限定]

1日に就任した三菱電機の杉山武史社長は4日、日本経済新聞社などのインタビューで、全社の事業や製品を複合的に連携させて融合効果を生み出す「掛け算経営」を進める考えを明らかにした。2020年度までに売上高5兆円以上、営業利益率は8%を超えるという経営目標の達成にも意欲をみせた。

杉山社長は自社の強みについて「各事業ごとに個々の要素技術や製品群をしっかり持っていることだ」と話した。新たな成長分野の1つである自動...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン