/

この記事は会員限定です

車ミラー AIで検品

村上開明堂が試験導入 作業人員 3分の1に

[有料会員限定]

自動車用バックミラー大手の村上開明堂が生産ラインの検品に人工知能(AI)を導入した。鏡の製造過程で生じるキズやひび割れを精密に検査し、これまで常駐していた検品人員の負担を軽減する。藤枝工場(静岡県藤枝市)の1ラインで試験導入を始め、海外工場への拡大をにらむ。

出来上がったミラーがベルトコンベヤーで運ばれてきた。検品工程で強い光に当てられ、それを読み取ったAIが判定する。AI関連のスタートアップ、R...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り874文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン