/

この記事は会員限定です

自治体の誘致合戦 火蓋

カジノ法案 内容固まる 北海道や大阪、計画作り本格化

[有料会員限定]

統合型リゾート(IR)実施法案の概要が固まったことで、誘致に名乗りを上げる全国の自治体はより具体的な誘致計画の策定に動き出す。北海道や大阪府・市など多くの自治体が意欲を示しているが、カジノが整備できる認定区域は全国で最大3カ所。巨額の経済効果が期待できるIR誘致を射止めようと「イス取り合戦」が熱を帯びる。(

1面参照

「(苫小牧市、留寿都村、釧路市の)3枚のカードから勝負に勝てる理想の候補地を探る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り750文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン