/

この記事は会員限定です

JST、融資52億円返還請求

開発遅れでスパコン会社に

[有料会員限定]

科学技術振興機構(JST)は30日、スーパーコンピューター開発会社「ExaScaler」(エクサスケーラー、東京・千代田)に対し融資した52億円を返還するよう請求したと発表した。

同社はスパコン開発を巡る国の助成金詐取事件で、東京地検特捜部に詐欺罪などで起訴された「PEZY Computing」(ペジーコンピューティング、同)前社長の斉藤元章被告が代表取締役を務めていた。2017年12月に事件が表...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り390文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン