/

この記事は会員限定です

人・カネ 英国離れじわり

企業は税関復活を懸念

[有料会員限定]

【ロンドン=小滝麻理子】欧州連合(EU)離脱を前に、英国では製造業や農業、医療など幅広い分野で影響が表れつつある。ヒトやモノの動きについて大陸欧州や世界との次の取り決めの姿がみえないと、企業は雇用や投資を手控えかねない。人材やマネーを世界から集めてきた英国の勝ちパターンが揺れている。

「いまは大丈夫。でも5年先が見えない」。英北東部、日産自動車が英国最大の完成工場をかまえるサンダーランド。同工場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン