/

この記事は会員限定です

東京の下町・神田、不動産市況にみる「古さ」の復権

[有料会員限定]

東京を代表する下町の一つ、千代田区神田の不動産市況が回復している。本格的な開発の波を受けず、取り残された感もあるエリアだが、オフィス賃料や地価の手ごろさが見直されている。最近は「古さ」に魅力を感じた若い世代が店を構えるようになり、街の表情も変わりつつある。

古書の街、神田神保町に拠点を置く不動産鑑定士の松岡貴史氏は、ここ数年で街の雰囲気が変わったと感じている。往来に若い世代が目立つようになった。飲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1573文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン