2018年10月17日(水)

動機や競争心刺激、行動に変化生む
ノーベル経済学賞で注目の「ナッジ」

2018/3/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「ナッジ」と呼ぶ研究分野が注目を集めている。個人の判断や選択を尊重したうえで人の心理に働きかけ、科学的に行動を変える取り組みで、行動科学とも呼ばれる。提唱した研究者は昨年、ノーベル経済学賞を受賞した。英米政府が政策の効率化へ活用するほか、日本でも環境省が省エネに役立てる事業を始めた。ナッジで何ができ、世の中をどう変えられるのか。

ナッジとは英語で「相手を肘で軽くつつく」という意味だ。2000年代…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

<キーワード> 国民の自由と政府の介入[有料会員限定]

2018/3/30付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報