/

この記事は会員限定です

原料調達 環境や人権配慮

違法伐採や強制労働排除 花王、農園を調査

[有料会員限定]

環境や人権への取り組みを評価する「ESG投資」を踏まえた原材料の調達が食品や日用品メーカーに広がってきた。花王は化粧品原料の栽培で、強制労働をしていないかなど海外1500カ所の調査に乗り出す。ANAホールディングス(HD)は機内食に使う食材の調達先管理を徹底する。ESGの推進で投資を呼び込むとともに、企業価値や商品ブランドの向上につなげる。

花王が調べるのは化粧品やせっけんなどにつかう植物油「パーム油」の原料を作る東南アジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1046文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン