/

この記事は会員限定です

がんゲノム連携、100病院で

厚労省、全国実施へ指定

[有料会員限定]

厚生労働省は27日、がん患者の遺伝情報に基づいて最適な治療薬を選ぶ「がんゲノム医療」を進める連携病院100施設を公表した。すでに中心となる中核拠点病院11施設を選んでおり、それぞれと連携する病院が決まったことで、4月から全国での実施体制が整う。

がんゲノム医療はがんの原因となる遺伝子の異常を調べ、その患者に最も効きそうな薬を選んで投与する。効果が高く副作用が少ないとされる。治療開始から5年後の生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り235文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません