/

この記事は会員限定です

渋谷・銀座の再開発けん引

都内公示地価3.4%上昇 商業地の伸び顕著に

[有料会員限定]

国土交通省が27日発表した2018年の東京都内の公示地価(1月1日時点、全用途平均)は前年比で3.4%上がった。上昇は5年連続で、上昇率は前年より0.6ポイント拡大した。商業地は5.4%伸びた。渋谷や銀座などで大型再開発の効果が顕著に出ている。2020年の東京五輪の前後に集中する大型プロジェクトが地価上昇をけん引する構図が続いている。

17年の商業地は上昇率上位10地点のうち7地点が銀座だった。1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り824文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン