ソフトバンクが調査委、アローラ氏退任巡り疑惑 株主要求、社内に協力者?

2018/3/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ソフトバンクグループの元副社長ニケシュ・アローラ氏が2016年に退任したことを巡り、同社の取締役会が特別調査委員会を立ち上げたことが27日分かった。株主によるアローラ氏らの退任要求に絡んで社内に協力者がいた疑惑が持ち上がり、同氏が退任するに至る経緯を改めて検証するとみられる。

米ウォール・ストリート・ジャーナル電子版は26日、16年ごろにアローラ氏ら2人の取締役の解任を求めた株主らについて、誰が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]