/

この記事は会員限定です

宇宙の謎解明へ新加速器

性能40倍「スーパーKEKB」 ノーベル賞級発見に期待

[有料会員限定]

高エネルギー加速器研究機構は23日、宇宙創生期に起きた物質誕生の謎に迫る新型加速器「スーパーKEKB(ケックビー)」を稼働させたと発表した。4月にも実験を始め、2019年から本格観測する。前身の装置は小林誠氏と益川敏英氏の理論を証明、ノーベル物理学賞受賞に貢献した。今回もノーベル賞級の発見が期待され、世界が注目する実験となる。

約138億年前に起きた宇宙誕生の大爆発「ビッグバン」のすぐ後、現在の世...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン