エーザイ、肝細胞がんの新薬承認 中外は血友病で

2018/3/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

エーザイは23日、抗がん剤「レンビマ」が国の承認を得たと発表した。すでに甲状腺がん向けで販売されており、承認後は肝臓がんの9割を占める肝細胞がんの治療にも使えるようになる。肝細胞がんには新薬が出ておらず、2020年代の早期に世界で年1千億円超の売上高を目指す。

レンビマはがんの切除が難しい患者の初期段階で投与できる。がん治療の初回から使える新薬はバイエル薬品の「ネクサバー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]