東ソー営業益上振れ 今期、3期連続最高
ウレタン原料採算改善 販売価格上昇が追い風

2018/3/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東ソーの2018年3月期の連結営業利益は、前期比15%増の1280億円程度となりそうだ。従来予想を約100億円上回り、3期連続で過去最高となる。合成皮革や塗料などに使う主力のウレタン原料は、販売価格の上昇で採算性が改善している。年間配当は36円とする現在の計画から上乗せする可能性がある。

売上高は従来予想が8%増の8000億円だが、上回る公算が大きい。東ソーはウレタン原料の一つである「MDI」の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]