/

この記事は会員限定です

低コスト投信 こう活用

長期運用だと差は歴然

[有料会員限定]

信託報酬という保有コストが極めて低いインデックス(指数連動)型の投資信託が増えてきた。今年始まった積み立て方式の少額投資非課税制度(つみたてNISA)で金融庁がコストの低さを認定条件の一つとしたのが契機だ。信託報酬の差が運用成績に及ぼす効果や低コスト投信を活用するポイントを考えた。

信託報酬は投信を持っている間、毎日差し引かれるコストで、運用期間が長くなるほど成績に影響する。運用各社はコストを重...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン