/

この記事は会員限定です

遺伝子でリスク探る

ロンドン大学分子神経学教授 ジョン・ハーディ氏

[有料会員限定]

アルツハイマー病に関わる遺伝子の変異は古くから調べられていた。最初に見つかったのはアミロイドベータの変異だ。これは50代で発症するころにみられ、初期のアルツハイマー病に関わることが分かった。もう一つの原因物質であるタウの変異は、認知症全体に関わっている。

アミロイドベータはアミロイドベータ前駆体たんぱく質(APP)が切断されてできる。ただ、APPからアミロイドベータができない経路もあり、これらの仕...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り689文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン