/

この記事は会員限定です

仮想通貨 利用者急増で安全後手に

不正送金 昨年6億円 なりすまし手口相次ぐ

[有料会員限定]

仮想通貨が不正送金の新たなターゲットになっている。インターネットバンキングの被害が減る一方で、仮想通貨は警察庁の初の年間統計で2017年の被害額が6億円を超えた。価格高騰で利用者が急増し、セキュリティー対策が追いつかなかったことが課題として浮かんだ。仮想通貨交換業界は新興企業が多く、専門家は自衛を含めた対策を求めている。

「600万円分の仮想通貨がいきなり消えた。一体どうなっているんだ」。17年8...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り773文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン