/

この記事は会員限定です

JR東日本次期社長 深沢祐二氏

親子2代で地域の懸け橋

[有料会員限定]

国鉄マンだが、原点は海にある。出身は函館。父親は国鉄が過去に運航した青函連絡船の船員だった。

父の後を追うように国鉄に入社。2016年、副社長として北海道新幹線の新函館北斗駅の開業式典に臨んだ。「青函エリアの交流が始まる」。海を越えて地域の懸け橋となる大きな仕事。親子二代で関われたことに誇りを持つ。

「コツコツと努力を積み重ねる」。函館ラ・サール高校の同級生はこう評する。若い頃からの基本姿勢は今も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り305文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン