/

この記事は会員限定です

17年の特許出願138万件 AI研究、米とも協力

[有料会員限定]

「製造強国づくりを加速し、経済のイノベーション力を高める」。李克強(リー・クォーチャン)首相は2018年の政府活動報告で強調した。人工知能(AI)やビッグデータ解析などを駆使して製造業を強くする「中国製造2025」を進め、17年の特許出願件数は10年前の5倍近い138万件まで増えた。

トランプ米政権が中国の知的財産権の侵害を理由に広範な製品の関税を引き上げる検討に入っただけに、中国政府の危機感...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン