/

この記事は会員限定です

ネット損保 淘汰の波

解禁20年 シェア1割届かず、広告への先行投資が重荷

[有料会員限定]

インターネット中心に保険を販売する通販系損害保険会社に異変が起きている。思惑通りに市場シェアを奪えず、再編や撤退に追い込まれる企業が相次いでいる。価格以外で商品の差別化が難しく、消費者ニーズを十分につかみ切れていない。大手損保は有力代理店との摩擦をおそれ事業拡大には及び腰の面もある。通販保険の解禁から20年で淘汰の時代に入った。

ネットを通じて割安で簡単に加入できる保険――。テレビCMや新聞広告で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1093文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン