/

この記事は会員限定です

最低報酬額設定も視野

厚労省、労働法の適用検討 フリー側から異論の声も

[有料会員限定]

フリーランスなど個人事業者の働き方に関するルールづくりを巡っては厚生労働省も、2021年の法案提出をめざし、労働法の対象として保護する検討に入っている。多様で柔軟な働き方を後押しする狙いだ。

フリーランスは企業に雇用されていないため労働基準法が定める「労働者」に当たらず、基本的に労働保護ルールの適用を受けていない。一方で、勤務時間や働き方がその会社の従業員に近い「準従属労働者」も多い。

こうした実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン