2018年10月18日(木)

車とネット、分業模索 緩やかに提携、共存狙う

2018/3/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

自動運転の開発競争で異業種の合従連衡が進んでいる。米グーグル系のウェイモや米ウーバーテクノロジーズなどのネット系企業は自動運転システムの開発に特化し、自動車メーカーが担う車体や駆動部分の開発、整備との「分業」を模索している。自動運転車とシステムを一体で開発しない流れが加速する可能性もある。

ウーバーは2017年に経営陣が入れ替わり、自動車メーカーと友好的にデータを共有し共同で開発する方針に転換、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報