/

この記事は会員限定です

電子看板 パネル操作、触れずに可能

コーデンシなど 手の形や動き、センサー把握

[有料会員限定]

光センサー大手のコーデンシ(京都府宇治市)は立命館大発のスタートアップ企業と組んで画面に触れず操作ができる次世代デジタルサイネージ(電子看板)を開発した。看板に組み込んだセンサーが手の形や動きを読み取るため、大型パネルを離れて見られる。価格も抑える。電子看板は用途が広がっており、2018年内にも発売し、東京五輪に向け増加する需要を取り込む。

開発した画像処理機能を持つセンサーは手の動きや指の本数を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り928文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン