2018年11月15日(木)

肌の状態 高精度解析 新潟大など、効率化ソフト開発

2018/3/16付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

新潟大学は新潟エスラボ(新潟市)などと共同で、肌の状態を短時間で効率的に計測できるソフトを開発した。皮膚の最も表面にある「角層細胞」を解析するのにかかる作業時間を従来の2分の1~3分の1に短縮できる。化粧品や肌に塗る医薬品などの研究開発に取り組むメーカー向けに実用化する。

角層細胞の形状や大きさは肌のターンオーバー(新陳代謝)などの状況を見極めるための情報となる。皮膚の状態や化粧品に含まれる成分…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報