アマゾンの「優越性」どう判断
「協力金」要求か、公取委立ち入り ネット商慣行注視

2018/3/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

公正取引委員会は15日、インターネット通販大手のアマゾンジャパン(東京・目黒)を独占禁止法違反(優越的地位の乱用)の疑いで立ち入り検査した。自社サイトで販売する商品のメーカーに、値引き販売した額の一部を「協力金」として補填させた疑い。生活に必要な「プラットフォーマー」として存在感と影響力を高めるアマゾンと規制当局とのつばぜり合いが続いている。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]