/

この記事は会員限定です

〈全人代2018〉上海も重慶もマイナス成長

中国10~12月、9地区に拡大 過去の水増し修正疑い

[有料会員限定]

【北京=原田逸策】中国に31ある省・直轄市・自治区の2017年10~12月の域内総生産が出そろった。前年同期比の名目成長率は上海市、浙江省、重慶市など9地区でマイナスとなった。広東省、四川省など10地区は17年7~9月から成長率が10ポイント超も下がった。成長率は不自然な形で急落しており、過去の水増しを修正した疑いがある。31地区の大半で統計の水増しがあったことになり、中国の統計の信頼性が改めて問われる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン