/

この記事は会員限定です

後発農薬の普及促進

農水省、一部データの提出免除

[有料会員限定]

農林水産省はすでに販売されている農薬より割安な「ジェネリック(後発)農薬」の普及を後押しする。2018年度にも国内販売する際に必要な一部のデータの提出を免除し、メーカーの負担を軽くする。農薬は農産物の生産コストの1割を占める。安価な農薬の開発を促すことで、生産性の向上につなげる。

国内で農薬を販売するには健康への影響などの試験データを農林水産大臣に提出し、登録する。後発農薬は先行メーカーの特許の有...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り351文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン