/

この記事は会員限定です

第3の企業年金 導入拡大

リスク分担型、第一生命が受託

[有料会員限定]

年金の運用リスクを労使で分かち合う「第3の企業年金」の導入がじわり広がり始めた。第一生命保険が生命保険会社で初めて案件を受託した。今後も積極的に導入先を広げ、2018年度中に10件程度の受託を見込む。第3の企業年金は支給水準低下が避けられない公的年金を補う存在としても注目を集めそうだ。

第3の企業年金は従業員と企業で運用リスクを分担する新しい制度として2017年1月に厚生労働省が創設。企業が拠出金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り370文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン