がん予防ワクチン、夢ではない 国立がん研究センター分野長 中面哲也氏

2018/3/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

手術、放射線、抗がん剤に続く第4のがん治療法として免疫療法が脚光を浴びている。国立がん研究センターの中面哲也分野長は、ペプチドというたんぱく質の断片を利用して、次世代の免疫療法と期待されるワクチン療法の開発をリードする。

健康な人でも体内にがん細胞ができているが、通常は免疫細胞が見つけて排除しているので病気にならない。ところが、がん細胞が免疫細胞の攻撃を逃れる仕組みを獲得すると、がん細胞が増え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]