ドラッグ店 際立つ成長
17年度5.5%増収、コンビニしのぐ 食品販売、集客の目玉に

2018/3/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ドラッグストアの成長が続いている。2017年度の売上高は6兆8504億円となる見込みで、2年連続で百貨店を上回った。売上高が前年度比5.5%増になるなど、成長率はコンビニエンスストアなどよりも高い。粗利率の高い医薬品や化粧品で収益を確保し、日用品などを安値で販売するモデルが成長の原動力だ。今後はネット通販との競合や他業態の追い上げをどうかわすかが焦点になる。

ドラッグストア「ゲンキー」を展開する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]