/

この記事は会員限定です

豪、東ティモールと境界画定

法を重視、中国にアピール

[有料会員限定]

オーストラリアが3月上旬、ティモール海を挟んだ隣国の東ティモールとの境界画定の条約に署名した。2002年の東ティモール独立以来、くすぶってきた境界問題。なぜ豪州はここへ来て和解を急いだのか。

「国際法に基づき、紛争を平和的に解決できることを示すものだ」。ニューヨークの国連で、署名に臨んだビショップ外相はこう強調した。調停は国連海洋法条約に基づき、東ティモールが国連に申請。ティモール海に眠る天然ガス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り762文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン