/

この記事は会員限定です

京急や湘南信金、空き家対策で連携

顧客網など活用

[有料会員限定]

京浜急行電鉄と湘南信用金庫(横須賀市)、日本保証(東京・港)は、京急線沿線の地域経済活性化を目的とした業務連携協定を結んだ。各社が保有するサービスや顧客網などを活用して、高齢化を背景に増え続ける空き家への対策を強化する。

湘南信金が空き家など不動産を担保としたローン商品を開発する。ローンの利用者は融資資金を使い、担保に差し出した不動産を京急グループのリフォーム会社などを通じて改修して再生する。日本保証は湘南信...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り209文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン