/

この記事は会員限定です

ビール「かんきつ系」で個性勝負

来月、定義変更 大手4社がてこ入れ

[有料会員限定]

大手4社が果実風味のビールを相次ぎ発売する。キリンビールは13日、4月中旬にレモンを使ったビールを発売すると発表。サントリービールとサッポロビールもかんきつ系の果実を使う商品を投入する。国税庁が4月に予定するビールの定義変更により、従来ビールには使えなかった素材が使えるようになる。個性的な商品を投入し成熟市場で需要を喚起する。

現在のビールは酒税法により麦芽の使用比率が67%以上に定められ、使える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り788文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン