/

この記事は会員限定です

国会停滞、政策にしわ寄せ

働き方法案・日銀人事・G20…

[有料会員限定]

国会の停滞が続けば、重要法案や経済政策に影響が出る。19日には日銀副総裁の任期が切れ、一時的な空席の懸念が高まる。同日アルゼンチンで開く20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の麻生太郎財務相の出席も見通せない状況になっている。

安倍政権が今国会の最重要課題に据える働き方改革。裁量労働制を巡る不適切な調査データが明るみに出たことで、2月中に関連法案を提出できなかった。早く法案審議を始めたい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り582文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン