/

この記事は会員限定です

佐川氏聴取 避けられず

[有料会員限定]

いずれのシナリオでも「変数」になるのは大阪地検特捜部の捜査の行方だ。特捜部は現在、財務省職員が森友学園へ国有地を不当に安く売却して国に損害を与えたとする背任容疑、交渉記録を廃棄したとする公用文書等毀棄容疑などの告発事案に加え、今回発覚した決裁文書の書き換えについても捜査している。

特捜部は捜査の過程で書き換えを把握、近畿財務局や理財局の職員らから任意で事情を聴いて経緯を調べている。書き換えは公文書...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り302文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン