2018年12月12日(水)

6.7万人は委託業者ミス 年金過少支給、税控除申告を放置

2018/3/13付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

今年2月に支給された公的年金で所得税の控除を受けるのに必要な書類の記入ミスが相次ぎ、約130万人が過少支給となった問題で、このうち約6万7千人はミスがなく、必要な手続きをしていたのに控除を受けられていなかったことが13日分かった。

日本年金機構がデータ入力を委託した業者が、受給者が出した書類を放置したことが原因。この業者では単純な入力ミスも見つかっており、影響が広がる可能性がある。

年金を受け取…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報