山口大学 新型がん免疫療法、肺がんで効果高く

2018/3/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

山口大学 玉田耕治教授らは、遺伝子操作した免疫細胞を利用する「CAR-T」と呼ぶがん治療法を改良し、肺がんなどの固形がんに対する効果を高めることにマウスで成功した。免疫細胞を呼び寄せたり、増殖を促したりするたんぱく質を遺伝子操作で作らせ、がん組織での免疫反応を強める。ベンチャー企業と協力し、2年以内の臨床試験開始を目指す。

CAR-Tは免疫細胞の一種…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]