/

この記事は会員限定です

王子製紙 矢嶋進社長 「製紙再編は不可避」

三菱製紙を持ち分法適用会社に 「印刷向け、需要3割減も」

[有料会員限定]

国内製紙最大手の王子ホールディングス(HD)は2月、同6位の三菱製紙に33%を出資して持ち分法適用会社にすると発表した。大手6社がひしめき、統合が進まない製紙業界だが、盟主の王子が一歩を踏み出した。国内の紙・板紙需要は2018年に8年連続で減る見通し。生き残りをかけた業界再編の行方を矢嶋進社長に聞いた。

――三菱製紙への出資を決めた理由は。

「将来も紙はなくならないと思うが、電子化や少子化で、需要が確実に減る覚悟をしないとい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1014文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン