増える交流型 成果これから

2018/3/10付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

オープンイノベーション施設は、大企業が運営し、産学連携などを通じて先端技術を開発する施設と、大企業とスタートアップ企業などが交流する施設とに大別できる。関西では都市部に起業家などの交流を目的とした施設が増えている。

企業同士の交流促進を手掛けるフィラメント(大阪市)などが2016年に開設した「The DECK」(大阪市中央区)は、パナソニックや村田製作所など13社が会員企業に名を連ねる。開設当初…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]