/

この記事は会員限定です

供給過剰、日韓台襲う

[有料会員限定]

中国政府の支援を受けてパネル工場を建設するのは京東方科技集団(BOE)だけではない。中国2位の華星光電(CSOT)もテレビ向けの巨大液晶パネル工場を国内2カ所に建設する予定で計1兆5千億円規模の投資計画を表明。中国の主要5社で今後3年間で計5兆円規模の工場新設計画が動いている。パネル市場は中国勢がすべてをのみ込む勢いだ。

有機ELパネルで先行する韓国サムスン電子は、安定量産の難しいスマートフォン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り363文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン